ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

8月スタートは明治トンネル

f:id:oneday71:20200801165826j:plain

8月スタート

久しぶりに朝から晴れた

5月に行って木々の緑が気になっていた明治トンネルへ

暑くて現地に着いたら

集中力が散漫になり思っていたようには全然撮れなかった

2020年8月1日撮影

Canon EOS R

RF24-105mm F4L IS USM

絞り優先AE

絞り値:f/7.1

シャッター速度:1/80

焦点距離:29mm

露出補正:-1 1/3

ホワイトバランス:5400K

ISO:1250

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

7月終わり

7月最終日

あっという間に7月が終わる

例年この頃は梅雨が明けて真夏の太陽の陽射しを浴び

あちぃあちぃ

を連発

でも長梅雨で昨日一昨日も気温は低い

長梅雨で出かけられる日も少ないと思い点検調整に出した1DX3

手持ちカメラで次に連写速度が速いのは5D4

そんな事で久しぶりに持ち出して使った7月

f:id:oneday71:20200731140740j:plain

f:id:oneday71:20200731140746j:plain

f:id:oneday71:20200731140753j:plain

f:id:oneday71:20200731140725j:plain

23連写中の最初の連続4コマ

連写速度7/コマ秒

飛行犬を撮ろうとタイミングを決めてシャッター押しっぱなしだと

わんこが走っている姿は縮んで伸びてのカットだけ撮れた

以降の19カットも縮んで伸びてだけの姿が撮れた

1DX3だと縮んでから伸びていく動作

伸びてから縮むまでの動作も撮れる

どんな動作を撮りたいのかイメージした場合

5D4だとタイミングをしっかりと見極めてシャッター切らないと

イメージした姿が撮れない

難しいけど撮れた時はめちゃくちゃ嬉しい

2020年7月12日撮影

Canon EOS 5D MarkⅣ

EF70-200mm F2.8L IS III USM

絞り優先AE

絞り値:f/8

露出補正:0

ホワイトバランス:5100K

ISO:800

AFモード:AI サーボ AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20200731140732j:plain

長梅雨で鬱陶しい月だったけど

1DX3が使えなかったので80Dなども久しぶりに持ち出したりと

1DX3の高性能に頼らずに撮る練習にもなったりと楽しかった

2020年7月12日撮影

Canon EOS 5D MarkⅣ

EF70-200mm F2.8L IS III USM

絞り優先AE

絞り値:f/8

露出補正:0

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A1,G2

ISO:800

AFモード:AI サーボ AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

点検調整中の EOS-1D X Mark III

f:id:oneday71:20200730140823j:plain

2020年3月月7日撮影

Canon EOS-1D X Mark III

EF135mm F2L USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

露出補正:+2/3

ホワイトバランス:5200K

ISO:640

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

今月11日に点検調整に出した

EOS-1D X Mark III

送ってすぐに撮影データを欲しいと連絡

すぐに発送してその後音沙汰なし

今週あたりそろそろ帰ってくるかなと思ったら

キヤノンの技術の方から電話

点検調整に出した理由は

高速動体撮影時に連写スピードが落ちやすい気がする

毛並みの質感が1DX2や所有している他のEOSと比べ違和感がある

センサーの汚れ清掃

センサーはまだしも他の二つは抽象的な理由で点検調整に出した

データを欲しいと言われた時に一通り点検したが異状なく基準値の範囲内と言われた

撮影データ25点と一緒に各々のデータをプリントして

この辺りの毛並みの質感がガサガサゴワゴワした感じの違和感がある

などの説明書きも同封

一通り点検して問題なければ返却をお願いしますと一言添えた

点検調整に出す前に知人などに見てもらい違和感がないか確認してもらい

みんな違和感がないと言っていたし

最近は見慣れてきたせいかあまり違和感がなくなってきた

なのできっと基準値の範囲内なので問題なしと言われるのかと…

たしかに毛並みに違和感あり

と言われ逆にこっちがビックリ

撮影データを元に考えられる要因を様々な角度から検証し

いくつかの原因を言われ再度調整することになった

なので帰ってくるのはもう少し先になりそう

なんか凄く丁寧に点検&検証してくれていて驚いてしまった

写真家の野村誠一氏が

1DX3の価格がなぜこんなに高いのかキヤノンの人に聞いた話しを思い出した

製造工程での各部品の品質の要求レベルが

他の機種に比べて非常に高いためと言っていた

点検などもかなり細かくおこなってくれているみたい

写真はキヤノンに送った撮影データの一つ

1DX3が手元に来てから初めて撮りに行った時のカット

撮影後PCでチェックした時から違和感があった

過去記事のとは別カット