ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

テスト撮影

f:id:oneday71:20200323133333j:plain

f:id:oneday71:20200323135631j:plain

f:id:oneday71:20200323133339j:plain

f:id:oneday71:20200323133326j:plain

2020年3月月22日撮影

Canon EOS-1D X Mark III

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

絞り優先AE

絞り値:f/5

シャッター速度:1/1000

露出補正:+2/3

ホワイトバランス:5000K

ホワイトバランス補正:A2.0

ISO:640

AFモード:AI サーボ AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

昨日は色んなテスト撮影ができた

写真は低速でこちらに向かって来て

さらに葉や草などの障害物があった場合のAF精度のテスト撮影

計31カット連続撮影

1カット目、13カット目、16カット目、31カット目の写真

ドライブモードは”連続撮影”

ドライブモードの設定はそれぞれ

高速連続撮影:16枚 コマ/秒

連続撮影:10 コマ/秒

低速連続撮影:8 コマ/秒

に設定

測距エリア:1点 AF

AIサーボAF特性:Case1

など、低速移動する物体を撮影する設定をカスタム2(C2)に登録

葉や草がかぶっても被写体にピントを維持してくれ

あきらかにピンボケは1枚もなかった

富士フイルムの X-T3 は同じようなテスト撮影は

ピントが曖昧なもカットが多く

ピントをはずすと復帰が遅かった…

価格帯も違うので1Dと比べるのは酷だけど

EOS 80D と比べても80Dの方が優秀に感じた

どんな場合にどんな描写をするのか

前もってテスト撮影しておくとあとあと撮影の幅が広がる

毎度書いてるけど

カスタム機能のバグ早く治して欲しい…

バッテリーの充電は手元に届いてから1回しか充電していなく

撮影回数:3637

バッテリー残容量:61%

と表示

f:id:oneday71:20200323133739p:plain