ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

DIGIC X

f:id:oneday71:20200327145838j:plain

EOS-1D X Mark III になってから

映像エンジンが DIGIC X と新しくなった

後日書こうと思っていたけど

キヤノンの映像エンジン

新しくなるとけっこう良い感じ

元々階調が柔らかく柔軟性があると思っていたけど

DIGIC X になってさらに良くなった印象を受ける

まだあまり撮影できていないのでなんとも言えないけど

使いだした印象はとても良い

写真は森で撮影

木が生い茂り部分的にしか陽が入らないので周囲は暗い

露出補正をかけないで撮影すると

カメラ側で気を利かせて明るくしてくれる

それはちょっと嫌なので露出補正を -1

シャドーは潰れず、中間からシャドーにかけての階調がとても滑らか

富士フイルムの X-T3 だとこうはならなかった

ただいつも気になるのは陽があたっているハイライトの毛色

赤味がほんの少し足りなく黄色が強い感じ

たぶんイエローの中のマゼンタがライト側からあまり入ってこない印象

これは歴代の EOS の特徴でもあるし純正ソフトのDPPの特性かもしれない

Lightroom で開くとまた別の色になるし

時々登場する Luminar 4 はまだ EOS-1D X Mark III には対応していなく

Luminar 4 で開くとへんてこりんな色になる(メーカーに確認済)

LightroomEOS-1D X Mark III 発売前から対応していた

プロ機となると待遇が違うんですね…

2020年3月月21日撮影

Canon EOS-1D X Mark III

EF135mm F2L USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:-1

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A2.0

ISO:5000

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4