ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

背景の調整

f:id:oneday71:20200711133304j:plain

2020年3月月21日撮影

Canon EOS-1D X Mark III

EF135mm F2L USM

絞り優先AE

絞り値:f/2.5

露出補正:0

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A2,0

ISO:2000(オート)

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

先日キヤノン純正現像ソフト

Digital Photo Professional(以下DPP)で部分調整の記事を投稿

oneday71.hateblo.jp

背景など広い部分でも使えるのか聞かれたので試してみました

一番上に貼り付けた写真をDPPの部分調整機能を使って

ちょっとレタッチしてみます

f:id:oneday71:20200711134712j:plain

わかりやすく方向性は背景の暗部をもう少し暗く

右側の明るいところをもう少し明るくと言うか彩度を上げる

こんな感じでやってみました

f:id:oneday71:20200711134936j:plain

現像&編集ソフト:Digital Photo Professional 4

マスクをかけたりできなくブラシの円でなぞるので

適用量を見ながらほどほどに調整

とくに木の幹を重点に作業

わかりやすいように並べた写真

f:id:oneday71:20200711135632j:plain

右側の明るい部分は変化がちょっとわかり難いかな…

覆い焼きみたいな作業になるので

広範囲を作業するのにはちょっと不向きでしょうか

ついでなので Luminar 4 でもやってみました

f:id:oneday71:20200711140431j:plain

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

編集ソフト:Luminar 4

 

Luminar4 はEOS-1D X Mark III には対応していなく

現像はできるけど色がへんてこりんな色になるので

あらかじめDPPで現像

作業は背景の暗くしたい箇所にグラディエント・マスクをかけます

わんこや明るい部分にもマスクがかかってしまうので

暗くしたくない箇所はブラシで消しちゃいます

f:id:oneday71:20200711134703j:plain

マスクができた状態

赤色のマスクの部分を暗くします

f:id:oneday71:20200711141057j:plain

調整可能なグラデーション機能を使って暗くしました

次は明るい部分を調整

f:id:oneday71:20200711141301j:plain

調整可能なグラデーション機能を使って明るく

露出:30

自然な彩度:16

以上を適用

マスクは使用せず

向きを設定するでわんこから上の部分を指定

なので木の幹上部も明るくなりました

上部は陽があたる部分に近いので明るくなっても不自然ではない

そう思ってそのまま調整

比較してみましょう

f:id:oneday71:20200711141700j:plain

Luminar 4 の方が変化が多くてわかりやすいですね

DPPの部分調整機能でもできるけど

こんな感じでレタッチ調整する場合は

Luminar 4 のようなレタッチソフトで

マスクを使って作業した方が簡単です

DPPの部分調整機能はPCのスペックが低いと大変なので

あまりオススメはしません

キヤノンユーザーなら

現像や簡単な色調整だけならDPPで十分です

DPPで現像した色を活かして Luminar 4 で編集するのがオススメです