ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

雪と格闘した日々

過去の今日撮った写真を表示してくれる

Amazon Photos

f:id:oneday71:20210312143118j:plain

昨日

16年前の今日の写真として上の写真を表示してくれた

16年前の1月から4月までの約3カ月間新潟にいた

中越地震直後数十年に1度の大雪で大変になっている

そんな事を知ってボランティアへ

上の写真は所属したボランティア団体の拠点

大きなテントが拠点で寝泊まりは小さいなテントで

ボランティアに来てくれた人々が不自由ないよう

テントで簡易的に作った風呂場も併設

毎日雪と格闘して汗だくになったのでありがたかった

 

f:id:oneday71:20210312143124j:plain

とあるおばあちゃんが一人で住んでいる住宅

奥まった場所に家があり

私道を通って奥に家がある

除雪は公共の道路しか行政はやってくれない

仮設住宅にいるけど家の様子を見に行きたい

そんなおばあちゃんの要請で雪かきと雪下ろし

3m以上の雪に囲まれていたので最初は玄関までの道を掘った

 

f:id:oneday71:20210312143129j:plain

家まで入れるようになったあと

屋根に積もりに積もった雪を下ろす

下ろした雪は邪魔にならないよう遠くへ運ぶ

現場監督を任されたので

怪我のないよう作業を進めるのに神経を使った

 

f:id:oneday71:20210312143133j:plain

活動した時その様子を一眼レフとコンデジで写真におさめていた

でもうっかり八兵衛でその写真を間違って消去…

残ったのはごく一部

一番大変だった山間部の村での活動

その写真はガラケーの写真しか残らなかった

上の写真山間部にあるとある村での様子

避難勧告がでているため村に入れるのは土日曜日のみ

二日間で雪下ろししても次の週までに大雪が降るとまたやり直し

上の上段の写真の家が見えている部分は二階部分

こんなに雪に埋まった家を見るの初めてだった

最初に家の屋根がどこにあるのか確認作業から始めた

村には車で行けないので行ける所まで車

その先は装備を持って山道を1時間歩いた

家の中に取り残された猫がいた

毎週猫のご飯をたっぷり置いて帰路に

地震に耐えた家が雪の重みで倒壊

翌週村に入り倒壊している家を見ると悔しかった

 

f:id:oneday71:20210312143138j:plain

上段の上の写真もとある山間部の村の様子

村自体が雪に埋まっており電線が触れるくらいの高さだった

電気は通っていないので安全

下の写真はとある仮設住宅での活動の様子

この写真は雪はあまりないけど

一番多い時は仮設の住宅と住宅の間の通路の雪の高さが

屋根の高さまであった

なので家に入る時は下って入る事に

お年寄りはとてもじゃないけど出歩く事ができないため

雪の階段を作ったりした

雪が多過ぎて雪を捨てる場所の確保に苦労した

 

f:id:oneday71:20210312143114j:plain

食事は作れる人が作る

ボランティア団体のリーダーの誕生日だと知り

ケーキ教室に2年ほど通っていたので

みんなで材料費を出し合ってケーキを作った

デコレーションケーキを一気に3個作ったのは初めて

まさかこんな所でケーキ作りを習っていた事が役立つとは…

オーブンがなかったので炊飯器でケーキを焼いたのも初めてだった

ナッペするナイフもないので代わりに包丁とスプーンでナッペ

出来上がったケーキを見てみんなから人は見かけによらないと言われた

でも甘い物がなかなか食べれなかったのでみんな喜んでくれ嬉しかった

昼間は要請された家や村での雪下ろし

夜は自分たちが滞在しているテントも潰されそうになり雪下ろし

毎日毎日雪と格闘

体重が二週間で7kg減りました

16年前の今日こんな生活を送っていました