ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

静寂の森

f:id:oneday71:20211007134055j:plain

森にある小さな渓谷

崖が崩れたあとに木の根が露出

そこに陽があたって印象的に見えた

Luminar 4 でオリジナルのテンプレートを適用

Luminar AI で霧と太陽光を適用

2020年2月9日撮影

Canon EOS-1D X Mark II

EF70-200mm F2.8L IS II USM

絞り優先AE

絞り値:f/3.5

露出補正:-1

焦点距離:70mm

ホワイトバランス:5400K

ホワイトバランス補正:A1,0

ISO:1250

AFモード:ワンショット AF

測距エリア選択モード:スポットAF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

編集ソフト:Luminar AI、Luminar 4

 

f:id:oneday71:20211007134049j:plain

Luminar 4 で作業した画像

元の画像から

作成してあるオリジナルのテンプレートのみ適用

 

f:id:oneday71:20211007134044j:plain

元の画像

DPPで開いて現像のみ

Luminar AI での太陽光

いつもは太陽の光を射すような感じで使用

今回はあかりを灯す

そんなイメージで配置して適用

Luminarは大気の事まで考えられて処理されるようで

太陽光を入れると

周辺も光の加減によって明るくなるように処理され

自然な仕上がりになる

風景の作品でよく見かける

かすみ除去機能などで大気など関係なしに

遠景でもスッキリシャープにバキバキ状態のレタッチ

遠近感もなくなるし自分には合わなく好みじゃないかな

JAXAが公開している月周回衛星のかぐやの月の動画

見るととても興味深い

高解像度で撮られているので初めて見た時は驚いた

月の表面で太陽の光があたっている場所

光があたっていない影の場所

その境がとてもクッキリ

通常だと光と影の境はグラデーションのようにぼんやり

でも月ではぼんやりせずスパッと切ったように光と影の差がハッキリしてる

月にはほとんど大気がないからなんですね