ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

ファームウェア

f:id:oneday71:20211207143210j:plain

f:id:oneday71:20211207143215j:plain

f:id:oneday71:20211207143221j:plain

f:id:oneday71:20211207143227j:plain

f:id:oneday71:20211207143234j:plain

f:id:oneday71:20211207143241j:plain

f:id:oneday71:20211207143248j:plain

f:id:oneday71:20211207143254j:plain

先週の2日

EOS-1D X Mark III

EOS R5

EOS R6

ファームウエアが公開

1DX3とR5を所有しているので先ほどバージョンアップさせた

1DX3はAFでは

ヘルメットやゴーグルなどを装着している人物に対する、頭部検出性能の向上

とあるけど自分の用途にはあまり関係なさそう

でもたぶん細かなAFなどの調整もされていると思う

R5は

1DX3と同様のウィンタースポーツ関係の他様々なAF関係が強化され

車の認識機能が搭載された

早速寝ているわんこに瞳AFで狙ってみた

精度がかなり良くなった

感じがする…かな

でも瞳認識するスピードが速くなった感じ

これはすぐにそう思った

自分の場合一番気になるのは

わんこの瞳じゃなくシッポを認識してしまうこと

これは今度外で試してみないと

それと今度の日曜日ドッグランで撮影依頼を受けている

試しにR5を使って撮ってみよう

ファームウエアのバージョンアップで動物認識精度

着実に向上している

今は高速移動用の撮影時

動物認識+瞳AFで全て撮影

上記の写真

86連写中の後半のはしょった8カット

全てAFはカメラでお任せで撮影

自分は水平に気をつけわんこが狙っているボールが切れないよう

シャッター押しっぱなしでフレームしてるだけ

被写体の他周りを見る余裕ができるのはありがたい

でも簡単に撮れちゃうので

撮った事があまり印象に残らない

R5購入して10月で1年経過

使用してみての感想は後日書こうと思います

2021年10月30日撮影

Canon EOS R5

EF70-200mm F2.8L IS III USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:0

焦点距離:200mm(1.6倍クロップ320mm相当)

ホワイトバランス:5300K

ホワイトバランス補正:A1,G1

高輝度側・階調優先:しない

ISO:100(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4