ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

McIntosh C34V

f:id:oneday71:20220206135436j:plain

昨年末修理に出したプリアンプ

McIntosh C34V

昨日引き取り無事設置

修理後の一発目の曲

映画『パリに見出されたピアニスト』のサントラ

1曲目の Prélude が始まった途端

音の広がりに驚いた

やっぱり凄いな

修理中とりあえず音が鳴って入力機器の切り替えができるよう

お手製のコントローラーでしのいでいた

このお手製のコントローラー

まだプリアンプを買うお金がない時

オーディオ修理をおこなっている友人のアドバイス

秋葉原へ部品を買いに行って30年以上前に作った

ボリューム端子とCDやチューナーなどを切り替えるセレクター端子

パワーアンプへ音を送る端子などでできている

CDプレーヤーなどをこれに繋ぎ

音量の調整ができ音は直接パワーアンプで出力と言った感じ

とりあえずは McIntosh のパワーアンプの音で音楽は聴ける

二カ月近くこの状態で音楽を聴いていた

久しぶりに戻ったプリアンプ

やっぱり音の出方や広がりなど

McIntosh のプリアンプのスパイスがかかると魔法のように音が変わる

あまり興味がなく音が出ればなんでも良い

そんな人にはあまり興味がない世界

レンズもこれと似ているところがある気がする

とりあえずそこそこきれいに写ればOK

キヤノンで例えると

Lレンズと非Lレンズの写りの違いがよくわからない

そんな感じでしょうか

そう言えば

Lレンズと非Lレンズを昔テストして

その内容を後日投稿すると言ってそのままでした

近いうちに昔おこなったテストの事を記事に書きますね

修理から戻ったプリアンプ

直って戻って来たわけではなく

症状が出なくなったからとりあえず聴いてみてと帰ってきた

もう4年連続で修理に出してる

写真は Luminar AI で作ってあるモノクロ用

オリジナルテンプレートを適用

2022年7月18日撮影

Canon EOS R

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:-1 1/3

ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)

ホワイトバランス補正:B3、G3

高輝度側・階調優先:しない

ISO:40000(オート)

AFモード:ワンショット AF

測距エリア選択モード:1点AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

編集ソフト:Luminar AI