ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

瞳AFは猫の方が良さそう

先週保護したとら吉

いつまで我が家にいるのかわからないので

せっかくなので写真を撮っておこう

そう思い EOS R5 で撮ってみた

購入してから猫をじっくり撮ってない

そんな事に気がつき全て瞳AFで撮影

こんな角度でもしっかりと瞳を認識

2022年6月13日撮影

Canon EOS R5

EF135mm F2L USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

露出補正:+1 2/3

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A2,G1

ピクチャースタイル:オート(コントラスト-2)

高輝度側・階調優先:する

ISO:1600(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

こんな角度でもしっかりと眼球にピント合ってる

まだ仔猫の名残りがあり

ちょこちょことせわしない

途中から高速移動用の設定に切り替え

電子シャッターで撮影

2022年6月13日撮影

Canon EOS R5

EF135mm F2L USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

露出補正:+1 1/3

ホワイトバランス:5000K

ホワイトバランス補正:A1,G2

ピクチャースタイル:オート(コントラスト-2)

高輝度側・階調優先:しない

ISO:2500(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

上のカットこんな角度でもしっかりと瞳を認識

電子シャッターだと秒間20コマ撮影

無限連写のおかげで

15分くらいの撮影で1200カット以上も撮れてしまった

どんなに動いても瞳を追い続けかなりピントも正確

これ瞳AF機能がないカメラで撮ったらかなり難しい撮影だった

できれば走り回っているところを撮りたかった

でも部屋がせまく距離が取れないため無理でした

それでもここまで瞳AF機能が凄いと

まいりました って気持ちと

なんか嫌になっちゃう感じ

EOS R3 は当然もっとAF性能凄いと思うけど

近日発売の EOS R7 もかなり期待できそう

発売が古いこのEFレンズでも

AFの速度とピント精度は満足

2022年6月13日撮影

Canon EOS R5

EF135mm F2L USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

露出補正:+1 1/3

ホワイトバランス:5000K

ホワイトバランス補正:A1,G2

ピクチャースタイル:オート(コントラスト-2)

高輝度側・階調優先:しない

ISO:2500、1600(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

撮っていて思った事

犬よりも猫の方が瞳AFの食いつきがすこぶる良い

柴犬の場合ほとんど黒目で眼球も猫と全く違うせいなのかな

このカットはまつ毛にピントが合ってしまってる

まつ毛も長いし

2022年6月13日撮影

Canon EOS R5

EF135mm F2L USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

露出補正:+1 2/3

ホワイトバランス:5000K

ホワイトバランス補正:0,G2

ピクチャースタイル:オート(コントラスト-2)

高輝度側・階調優先:する

ISO:5000(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4