ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

お魚くわえたトンビ

先日海へ行った時

海岸を歩いていたらトンビが飛んで来た

何か持ってる?!

そう思い慌てて撮影

魚を捕まえたようでした

サザエさんがいたらトンビを追いかけそうです

逆光で空を飛ぶ被写体用の設定じゃないためトンビが暗く

Luminar Neo で明るく調整

2022年6月12日撮影

Canon EOS-1D X Mark III

EF300mm F2.8L IS II USM

絞り優先AE

絞り値:f/3.2

露出補正:0

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A1,G2

高輝度側・階調優先:しない

ISO:100

AFモード:AI サーボ AF

測距エリア選択モード:領域拡大AF・上下左右

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

編集ソフト:Luminar Neo

 

元の写真

空を飛ぶ被写体は逆光になり腹が暗くなる

測光方式を中央部重点やスポットなどピンポイントでの測光

露出補正で大きくプラスへ

そんな設定が必要

鳥を撮るつもりじゃなかったのでトンビが真っ黒

 

AIマスクでトンビは植物として認識された

でもトンビと魚の周辺の空にも少しマスクがかかってる

空にかかってしまっているマスクを手作業で消去

 

トーンである程度明るく

その後もう少し露出で明るく

わかりやすいようにかなり明るくした

Luminar Neo のAIマスクだけだとこんな感じになる

トンビと魚の周辺の空にもマスクがかかっているため

明るく調整した時に釣られて明るくなった

よく飛行機や鳥などの作品で

被写体の周辺がうっすら明るくなっている作品を見かける

シャドウを極端に明るくなどの作業をするとこんな感じでオーラがでる

マスクを使って丁寧な作業

ほどほどで自然な調整が理想

 

頭上まで飛んで来た

2022年6月12日撮影

Canon EOS-1D X Mark III

EF300mm F2.8L IS II USM

絞り優先AE

絞り値:f/3.2

露出補正:0

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A1,G2

高輝度側・階調優先:しない

ISO:100

AFモード:AI サーボ AF

測距エリア選択モード:領域拡大AF・上下左右

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

スカイ機能で空を差し替えてみた

トンビと魚の周辺のマスク処理は良さそう

背景に雲が入った事で

目の錯覚でトンビの調子が少しわかるように見える

空を拡大しているので雲の下側の処理がうまく処理できていない

この辺はカットした方が無難

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

編集ソフト:Luminar Neo