ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

クラウド

キヤノンが最近始めたクラウドサービスで

長期保管用のストレージに障害が発生

データの一部消失とサービス一時停止

とネットニュース

みなさん撮りためた写真の保管どうしてますか

大切な写真

自分で誤って消去などの消失ならまだ割り切れるけど

サービスを提供している側の誤りで消失だなんて…

それとこの手のサービスって

永遠と続くわけがないし会社の経営状況などで

営業的によくないとなったら

サービスを終了することになりました

クラウドにあるデータはお客様ご自身でダウンロード保存してください

と、冷たくあっさりと言われてしまいそう

昨年1年間に撮って保存してある画像データ

約45,800枚(全てRAWデータ)

容量にして約1,224GB

他にもレタッチしたpsdファイルやtifファイルなど沢山

1年分でこの量なので

毎年これをクラウドに保存なんてちょっと考えられない

デジカメを使いだしてちょうど20年経過

デジカメで撮影し保存することにした写真は

全てハードディスクに保存

必ずバックアップ用のハードディスクは2台使用

最初の頃は RAID を組もうかと思ったけど

ただコピーするだけなのでシンプルが一番

 

f:id:oneday71:20200804134401j:plain

先代犬のわんこと散歩へ行った時に撮影

2000年4月29日撮影

Nikon COOLPIX 990

プログラムAE

編集ソフト:Digital Photo Professional 4(リサイズ解像度変更のみ)

 

f:id:oneday71:20200804134358j:plain

注文していたクルマが入庫したと連絡を受けて見に行った時に撮影

2000年5月30日撮影

Nikon COOLPIX 990

プログラムAE

編集ソフト:Digital Photo Professional 4(リサイズ解像度変更のみ)

竹林

f:id:oneday71:20200803141154j:plain

先日この写真を撮っていた時

竹林の隙間がもう少し明るくならないかな…

そう思いながら撮影

Luminar 4

を使って輝度マスクで簡単にマスクが作れそう

そんな事も考えながら撮影

わんこの色調はDPPの方が好みなので現像はDPPで

左下に陰影をつけるため

調整可能なグラデーションで少し暗く

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

編集ソフト:Luminar 4

 

f:id:oneday71:20200803141200j:plain

元の写真

輝度マスクを適用すると

明るい部分全体にマスクが適用される

竹林以外のマスクはブラシで削除

マスクの適用量は竹林の明るい部分に強く

暗い場所は弱く適用されるため

自然なトーンに仕上がってくれる

この日は雲が多い天気

思ったように陽が出てくれなかった

陽が強くでてくれたらまた違った雰囲気で撮れたかな

2020年8月1日撮影

Canon EOS R

RF24-105mm F4L IS USM

絞り優先AE

絞り値:f/7.1

焦点距離:53mm

露出補正:-1 1/3

ホワイトバランス:5400K

ISO:3200

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

明治トンネル

f:id:oneday71:20200802151252j:plain

f:id:oneday71:20200802151243j:plain

トンネルの中はひんやり涼しい

今までトンネルの中で撮ったことがなく

昨日何気なく撮ってみた

驚いたのは暗がりでAFが効いたこと

きっと暗過ぎでAF迷って使い物にならないと思った

今度行った時はサーボで試してみよう

見た目の暗さに近くなるように露出補正は大きくマイナスに

2020年8月1日撮影

Canon EOS R

RF24-105mm F4L IS USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

シャッター速度:1/13(1枚目)

シャッター速度:1/20(2枚目)

焦点距離:45mm

露出補正:-1(1枚目)

露出補正:-1 2/3(2枚目)

ホワイトバランス:5400K

ISO:2000

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4