ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

12月

昨日から12月

今年も残り1カ月を切りました

Luminar Neo で編集

手前の草の明るさを大切にしたいため露出補正-1

そのため背景の木立ち

元の写真だと黒潰れした感じ

黒潰れを弱くするため少し寒々しい色調に変更

対照的に手前の草むらは色味を強くして暖かさを強調

暖かさを強調するため

太陽光を適用して光とかすみを演出

ついでにレイヤーでフレアを入れてみた

仕上げにわんこの顔にかかる草を削除

2022年10月27日撮影

Canon EOS R3

EF70-200mm F2.8L IS III USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:-1

焦点距離:200mm

ホワイトバランス:5500K

ホワイトバランス補正:A2,G1

ピクチャースタイル:スタンダード(コントラスト-2)

高輝度側・階調優先:する

ISO:200(オート)

AFモード:サーボ AF

検出する被写体:動物優先

被写体追尾(トラッキング):する

測距エリア選択モード:1点AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

編集ソフト:Luminar Neo

 

元の写真

シャンプーの日

今日から12月で今年もあと1カ月

シャンプーしてもらいサラサラピカピカになりました

にゃんこは足元にいたので同じ設定でパチリ

1DX3から採用になったスマートコントローラー

サッとなぞるだけでAFポイントが任意の場所へ移動

1DX3よりも良い感じでこれほんとに便利

2022年12月1日撮影

Canon EOS R3

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/1.2

露出補正:+1 2/3

ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)

ホワイトバランス補正:A4,G2

ピクチャースタイル:スタンダード(コントラスト-2)

高輝度側・階調優先:する

ISO:800、2000(オート)

AFモード:ワンショット AF

測距エリア選択モード:スポット1点AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

よく撮影してる場所-2-

昨日の投稿に続いて

今日は EF85mm F1.2L II USM カメラはR5

昨日の135mmと絞り値は同じだけど

ピントを合わせた被写体との距離も少し遠いため

背景のボケ方がちょっと弱い感じ

こちらに歩いて来るところを撮影しようと連写で撮影

この日は手前側の道もけっこう明るい感じだった

あまりコントラストの強弱をつけたくなく

柔らかい雰囲気にしたかったのでコントラストを-3

露出補正をプラスにして明るめにした

2022年3月31日撮影

Canon EOS R5

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

露出補正:+1

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A3,G2

ピクチャースタイル:オート(コントラスト-3)

高輝度側・階調優先:する

ISO:320(オート)

AFモード:サーボAF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

近くまで歩いて来た

ピントが合っている被写体が近くなり背景のボケ方が変わった

奥の陽があたっている所の光の具合が良い雰囲気を演出してくれた

この演出や全体的な雰囲気の描写はやっぱり 魔法のレンズ

よくレタッチしてると思われるけど

DPPで開いて何もせず

そのまま現像書き出ししているだけ

もう長くこのレンズを使っているけど

いまだにこのレンズの描写はワクワクする

桜の咲く山へ 行く途中に撮影

2022年3月31日撮影

Canon EOS R5

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

露出補正:+1

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A3,G2

ピクチャースタイル:オート(コントラスト-3)

高輝度側・階調優先:する

ISO:400(オート)

AFモード:サーボAF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4