ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

預かり訓練終了

f:id:oneday71:20191211161510j:plain

2年以上前

本気噛みのことで相談を受けた

地元の訓練士の訓練を受けてもおさまらず

飼い主さんもノイローゼ気味に…

最後の手段として残しておいた

ぼくの師匠の訓練士を紹介

7ヵ月間の預かり訓練が今日終了

飼い主さんも期間中往復10時間以上かけて

飼い主のための訓練を受けにしっかりと通ってくれた

犬が良くなっても

飼い主の意識が変わらないと犬はまた元通り

持っているラケット

襲ってきた時の防御用

ラケットで防御できるくらいになった

でも今ではほとんど不要になった

いちおう念のためのラケット

2019年12月11日撮影

Canon EOS R

EF70-200mm F2.8L IS II USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:0

ホワイトバランス:5400K

AFモード:サーボ AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20191211161516j:plain

犬は元々群れで暮らしていた

群れには必ずリーダーがいる

飼い主がリーダーになり

犬から一目を置かれる立場にならないといけない

愛情をかけるのと甘やかすのは違う

よく言われた師匠の言葉

ダメな事はしっかりとダメと教える

時には厳しく叱る事も必要

犬から頼られるリーダーになれば

まさしく忠犬と呼ばれる犬に育ってくれる

たとえばポメラニアンを飼っている近所の八百屋のおばちゃん

甘やかすのが愛情と勘違い

犬がリーダーに

リーダーの我がままを聞かない飼い主

ポメラニアンに耳たぶを噛みちぎられた

会うたびに注意はしていたけど

ぼくとは犬に向き合う意識や姿勢が違うので

アドバイスしても

可愛いから…

そう言っていて

最後には耳を噛みちぎられた

そのポメラニアン

ぼくが前に立つと一歩下がってお座りする

2019年12月11日撮影

Canon EOS R

EF70-200mm F2.8L IS II USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:0

ホワイトバランス:5400K

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20191211161659j:plain

預かり訓練を始める前とは表情がずいぶんと穏やかになった

人間をリーダーと認識すると

性格も穏やかになる

飼い主さんの苦悩の末削られた犬歯

この犬歯を見れば

今までどんな状況だったのかわかる

今日から新しい一歩が始まる

最初はトラウマとの闘い

肝を据えて堂々と冷静に淡々と…

やがてはみんなから愛される犬になってほしい

2019年12月11日撮影

Canon EOS R

EF70-200mm F2.8L IS II USM

絞り優先AE

絞り値:f/2.8

露出補正:+1/3

ホワイトバランス:5400K

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

時々訓練士を紹介して欲しいとお願いされるけどほとんど断っている

飼い主の意識がしっかりしていないと訓練をしても犬は元通り

良い訓練士の見分け方を…

そう聞かれると

おやつを使わないで訓練ができる

運動靴を履いていて動きやすく

汚れても良い服装をしている訓練士

そう答えるようにしている

ちなみにトレーナーと訓練士は違います