ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

ファイル名

f:id:oneday71:20211119135026j:plain

f:id:oneday71:20211119135033j:plain

f:id:oneday71:20211119135020j:plain

2019年6月月16日撮影

Canon EOS R

EF135mm F2L USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

露出補正:+1、+1、+2/3

ホワイトバランス:5400K、5400K、5600K

高輝度側・階調優先:しない

ISO:100(オート)、320、500

AFモード:ワンショット AF

測距エリア選択モード:1点AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

点検に出した EOS R

ファイル名は機種固有の名前が初期設定で付いている

Rの場合購入直後の最初のカットのファイル名は

K23A0001

となる

下4桁の数字は撮影していくと連番で数字がカウントされていく

自分の場合

機種固有のファイル名を使ったり

分りやすいように機種名をファイル名にしたりしてる

Rの場合はそのまま使用

ただしアルファベットのAの文字は

連番が9999を超えるとBに変更

K23B0001となる

Bが9999までいったらCに変更

K23C0001となる

そのようにファイル名を変更すれば

おおよその撮影枚数が把握できる

現在Fまで進んでいるので50000カット以上は撮影している

9800くらいまで来たら次のアルファベットに変更する事もあるため

正確に把握できるわけではないけど

おおよその目安になる

EOS-1D X Mark IIIの場合

1D3D9876が最後に撮影されたファイル名

EOS 5D Mark IV は

1T9F0022が最後

EOS R5 は

R5_C7133

R5だけアンダーバーをファイル名に入れてる

Adobe RGB で撮影するとアンダーバーが最初に付けられる

9999を超えると新しいフォルダに記録される仕様になっているため

PCで確認する時にDPP付属のリネームツールでリネーム

その後カメラの方でファイル名を変更すればOKと簡単

写真はR購入した翌日のテスト撮影

露出補正と色温度の設定のみ変更しながら撮影

撮影後PCで画像確認して描写の良さに驚いた

テスト撮影の最後のファイル名はK23A4704

あっという間に5000枚近く撮影

撮影していて楽しくシャッターを切りまくった記憶がある

早く点検から戻って来ないかな