ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

ドッグランでの撮影

f:id:oneday71:20211225134749j:plain

以前記事にも書いたけど先日ドッグランで撮影

ドッグランのホームページ用の写真撮影の他

今まで3回利用していたので距離感は把握

今回メインで使うカメラとレンズの組み合わせ

EOS-1D X Mark III

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

 

予備として

EOS R5

EF70-200mm F2.8L IS III USM

もし距離が足りないと思えばクロップで撮影

 

全体の訓練風景

EOS R

RF24-105mm F4L IS USM

 

自由に撮れる状態があれば

EOS R5

EF85mm F1.2L II USM

 

RF24-105が故障した場合の予備のレンズ

EF24-70mm F2.8L II USM

以上を用意

できるだけ現地でのレンズ交換は避けたいのと

使用カメラが故障した場合も考え複数台用意

 

f:id:oneday71:20211225134543j:plain

小型犬の部午後2時スタート

全体を撮影する時にこの組み合わせ

無難な感じで撮影

色温度は今年の1月に撮影した色温度を参考に設定

この時間帯はまだ陽が高い位置にあった

2021年12月12日撮影

Canon EOS R

RF24-105mm F4L IS USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:+2/3

焦点距離:50mm

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A2,G1

高輝度側・階調優先:する

ISO:200(オート)

AFモード:ワンショット AF

測距エリア選択モード:1点AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20211225134556j:plain

大型犬の部午後3時スタート

この時間帯になると陽がけっこう傾き日陰が多くなってきた

陽が傾きフェンスの日陰がグラウンド内に多くなったので

色温度を5700Kに設定

日陰での撮影になるとグラウンドの緑色の影響もあり

かなりマゼンタ抜けの色になるため

大型犬の部の方が頭数と人が少なく撮影しやすかった

2021年12月12日撮影

Canon EOS R

RF24-105mm F4L IS USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:+2/3

焦点距離:50mm

ホワイトバランス:5700K

ホワイトバランス補正:A1,G2

高輝度側・階調優先:する

ISO:200(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:1点AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

f:id:oneday71:20211225134549j:plain

大型犬の部

陽の傾きが大きく

被写体に直射日光が強烈にあたるので

逆光で撮影するようにした

雰囲気が良い感じにでてくれた

頻繁に色温度を変えて撮影

2021年12月12日撮影

Canon EOS R

RF24-105mm F4L IS USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:+1/3

焦点距離:30mm

ホワイトバランス:5800K

ホワイトバランス補正:A2,G1

高輝度側・階調優先:する

ISO:200(オート)

AFモード:ワンショット AF

測距エリア選択モード:1点AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20211225134519j:plain

小型犬の部

全体的な様子をある程度撮影後

メインのカメラとレンズに変えて撮影

素早い動きがあるかもと思い

高速移動用の設定で撮影

2021年12月12日撮影

Canon EOS-1D X Mark III

EF100-400mm f/4.5-5.6L IS II USM

絞り優先AE

絞り値:f/5

露出補正:0

焦点距離:148mm

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A2,G1

高輝度側・階調優先:しない

ISO:500(オート)

AFモード:AI サーボ AF

測距エリア選択モード:領域拡大AF・上下左右

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20211225134525j:plain

小型犬の部

走り回る事があまりなかったけど

時々は走っているところが撮れた

2021年12月12日撮影

Canon EOS-1D X Mark III

EF100-400mm f/4.5-5.6L IS II USM

絞り優先AE

絞り値:f/4.5

露出補正:0

焦点距離:120mm

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A2,G1

高輝度側・階調優先:しない

ISO:400(オート)

AFモード:AI サーボ AF

測距エリア選択モード:領域拡大AF・上下左右

 

f:id:oneday71:20211225134529j:plain

大型犬の部

犬の頭数と人が小型犬の部より少ないので

自由に動ける幅が広がったのでレンズを70-200に変更

望遠よりも広角を優先した

呼び戻しの練習があったので撮れそうな場所へ移動して撮影

いつもなつが自由に走り回っている所を撮っているせいか

走る場所が決まっていると撮影が簡単

でも邪魔にならないように撮るのがけっこう大変だった

グラウンド内かなり日陰が多くなった

2021年12月12日撮影

Canon EOS-1D X Mark III

EF70-200mm F2.8L IS III USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:+1/3

焦点距離:70mm

ホワイトバランス:5900K

ホワイトバランス補正:A2,G1

高輝度側・階調優先:しない

ISO:1600(オート)

AFモード:AI サーボ AF

測距エリア選択モード:領域拡大AF・上下左右

 

f:id:oneday71:20211225134537j:plain

ゴールデンレトリバー夕陽を浴びて輝いてた

2021年12月12日撮影

Canon EOS-1D X Mark III

EF70-200mm F2.8L IS III USM

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:+1/3

焦点距離:200mm

ホワイトバランス:5900K

ホワイトバランス補正:A2,G1

高輝度側・階調優先:しない

ISO:2000(オート)

AFモード:AI サーボ AF

測距エリア選択モード:領域拡大AF・上下左右

 

f:id:oneday71:20211225134621j:plain

小型犬大型犬の各部後半に少しフリータイムの時間があった

少しの間R5と85mmの組み合わせで撮影

AFは動物優先の瞳AFを基本的に使用

2021年12月12日撮影

Canon EOS R5

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/1.6

露出補正:+1/3

ホワイトバランス:5700K

ホワイトバランス補正:A2,G1

高輝度側・階調優先:する

ISO:200(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20211225134604j:plain

この時は人間の瞳にピントが合った

でもAFスタートボタンを何回か押したら犬にピントが合った

2021年12月12日撮影

Canon EOS R5

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/2.8

露出補正:+1/3

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A2,G1

高輝度側・階調優先:する

ISO:200(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20211225134610j:plain

こんな時は瞳AFを切ってピントが欲しい瞳を自分で選んで撮影

EOS R3 だとこんな状況は視線入力で選べる

2021年12月12日撮影

Canon EOS R5

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/2.2

露出補正:+1/3

ホワイトバランス:5700K

ホワイトバランス補正:A2,G1

高輝度側・階調優先:する

ISO:200(オート)

AFモード:ワンショット AF

測距エリア選択モード:スポット1点AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20211225134616j:plain

人の顔に夕陽があたり目がクッキリ

この場合も犬の瞳にピントがきていた

2021年12月12日撮影

Canon EOS R5

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/1.6

露出補正:+2/3

ホワイトバランス:5700K

ホワイトバランス補正:A2,G1

高輝度側・階調優先:する

ISO:200(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20211225134514j:plain

ファームウェアのバージョンが上がり

瞳AFやAFの性能が格段に良くなった印象

R5と85mmの組み合わせでの撮影は楽しかった

ただ瞬間を撮るような撮影の場合

信頼できるかと言うと今の時点ではちょっと難しいかな

もっとテストしてどんな状況だと厳しいなど把握しないと

カメラに任せっきりにするのは難しいと思う

久しぶりに多くの犬を撮影したけどとっても楽しかった

でも撮影中は周囲を常に警戒していないと

犬が突っ込んで体当たりしてくる事もあり

カメラが壊されないよう常に周囲を警戒

こんな時やはりインナーズームレンズの方が安心感がある

2021年12月12日撮影

Canon EOS R5

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

露出補正:0

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A2,G1

高輝度側・階調優先:する

ISO:200(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4