ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

テスト撮影

いつも撮影する前に

その日の天候

撮影場所

周囲の環境光

など考えてホワイトバランスなどで

大まかな色のイメージを決める

イメージ通り撮れていたら変更せずそのまま撮影

光の入り方や日陰など色がどんな感じになるのか

ちょっと迷った時はテスト撮影

 

所々陽があたるけどほぼ日陰の場所

そのまま撮るとカメラが勝手に明るくしそう

そして日陰部の青はマゼンタが入って紫になりそう

そんな事で露出補正をマイナスにしてテキトーにテスト撮影

f:id:oneday71:20201204133054j:plain

テスト撮影した写真

いつもテスト撮影した写真は削除するけど

なんかいい雰囲気だったのでそのまま残した

どんな雰囲気に写るのか確かめるためなので

AFは直前まで撮っていた設定のまま

なのでどこにピントが合っているのか不明

でも逆にそれが良かったのかも

2020年11月21日撮影

Canon EOS R5

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/1.6

露出補正:-2/3

ホワイトバランス:5600K

ホワイトバランス補正:B1,0

ISO:100(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追捕優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20201204133103j:plain

今度はモデルさんにスタンバイしてもらって撮影

テスト撮影の画像をモニターで確認して露出補正を0にしてみた

やっぱ影の部分が少しマゼンタが残り紫っぽくなる

もう少し暖かみのある色の方が良いかも

2020年11月21日撮影

Canon EOS R5

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/1.6

露出補正:0

ホワイトバランス:5600K

ホワイトバランス補正:B1,0

ISO:125(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追捕優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20201204133108j:plain

露出補正で少し明るく

色温度を上げて

ホワイトバランス補正でも若干暖かみをプラス

でも陰の部分はマゼンタかぶりにならないよう少しGをプラス

ピントをしっかりさせたかったので瞳AFオフ

そんな事を考えて撮影した一枚

だいたいこんな感じでテスト撮影しながら撮影しています

2020年11月21日撮影

Canon EOS R5

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

露出補正:+2/3

ホワイトバランス:6000K

ホワイトバランス補正:A2,G1

ISO:100(オート)

AFモード:ワンショット AF

測距エリア選択モード:スポット1点AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4