ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

撮影時にイメージしたように調整する

雨でできた小川の中でわんこが佇んでくれた

背景に落ちた木漏れ日がきれいだった

露出補正を大きくマイナスに振って少しアンダーへ

周囲を暗くして木漏れ日の光を強調しようか

そう思ったけどわんこも周囲も全体的に暗くなってしまう

Luminar Neo でイメージしたように調整しよう

そう思い露出補正は白飛び防止で若干のマイナスで撮影

2022年5月15日撮影

Canon EOS R5

RF24-105mm F4L IS USM

絞り優先AE

絞り値:f/8

露出補正:-1/3

焦点距離:24mm

ホワイトバランス:5400K

ホワイトバランス補正:A2,G1

ピクチャースタイル:オート(コントラスト-3)

高輝度側・階調優先:する

ISO:12800(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:顔+追尾優先AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

編集ソフト:Luminar Neo

 

元の写真

 

全体的にマスクを塗りつぶし

その後ブラシで暗くしたくない部分

光を強調したい部分のマスクを消去

現像 機能の 露出 でアンダーにして周囲を暗く

わんこはあまり暗くしたくない

でも明るいままだと周囲と馴染まなくなるのでマスクの適用量を抑えてある

仕上げは ビネット 機能で被写体を認識させて周囲をさらに暗くして完成

撮影時にイメージした感じに調整ができた