ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

AEロックで明るさをコントロール

先日 AEロック 機能の使い方について聞かれた

自分の撮影スタイルでは AEロック 機能は欠かせない

撮影時に

この辺りの明るさを大切にしたい

もう少し明るくしたい

被写体を黒くしてシルエットにしたい

などなど色んなシチュエーションを考え使ってる

上のカットは以前投稿したのとは別のカット

最初に以前投稿したカットを撮影

その後草むらの日陰の辺りでAEロックして撮影

空のみ Luminar Neo で編集

2022年5月7日撮影

Canon EOS R

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

露出補正:+1

ホワイトバランス:5000K

ホワイトバランス補正:A2,G1

ピクチャースタイル:オート(コントラスト-3)

高輝度側・階調優先:する

ISO:200(オート)

AFモード:サーボ AF

測距エリア選択モード:1点AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

編集ソフト:Luminar Neo

 

元の写真

赤丸の辺りでAEロック

下の写真を撮影後

全体的に柔らかい印象で明るく

そう思い赤丸の場所でAEロック

カメラの設定は同じで露出のポイントが違うだけ

カメラが暗いと判断して露出を明るくしてくれる

以前投稿した元の写真

これはわんこにピントを合わせてそのまま撮影

なのでわんこに露出が合っている

わんこには陽があたり明るい

そのため陰の暗い場所は暗くなる

AEロックしたカットは日陰に露出が合っているため

陽があたっている明るい草部分はハイキーな感じに

白飛びを防ぐため高輝度側・階調優先はするに設定

日陰でもあまりにも暗い部分でAEロックすると

明るい草が白飛びになるので注意

使い込んで慣れてくると

どのくらいの明るさの部分でAEロックをかけると

どんな感じに仕上がるのかわかってくるので

色々試して感覚を掴めるようになると良いかも

ピントを合わせる場所と露出を合わせる場所が違うため

わんこやにゃんこなど撮る場合

動いてしまうのでAEロック後のピント合わせは素早さが必要

こんなのPCでレタッチで明るくしちゃえばいいじゃん

そう思う方には必要ない機能

自分には必要不可欠な機能

 

oneday71.hateblo.jp