ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

レタッチで作品?にする

f:id:oneday71:20191207134307j:plain

今回も簡単な編集

編集ソフト:Adobe Lightroom Classic

編集ソフト:Adobe Photoshop CC 2019

 

f:id:oneday71:20191207134314j:plain

元の写真はこんな感じ

レタッチ編集するつもりはなく撮影

レタッチを考えていたらもう少し絞りを絞って

わんこがシャープに写るようにすれば良かった

2019年11月9日撮影

Canon EOS-1D X Mark II

EF80-200mm F2.8L

絞り優先AE

絞り値:f/4

露出補正:-1 2/3

ISO:1000

ホワイトバランス:5600K

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

今回も前回と同じ機能を使って編集の超簡単

では解説していきます

f:id:oneday71:20191207134327j:plain

背景の明るい部分を明るくします

円形フィルター

色温度:15

コントラスト:-88

白レベル:51

黒レベル:-40

明瞭度:17

かすみ除去:-7

彩度:-5

カラーは黄色っぽい色を選択

 

f:id:oneday71:20191207134332j:plain

先ほど明るくした周囲を減光します

円形フィルター

露光量:-0.35

かすみ除去:30

 

f:id:oneday71:20191207134324j:plain

手前にアスファルトの道路があり

目立たなくするために減光しちゃいます

段階フィルター

露光量:-1.20

かすみ除去:30

 

Lightroomでの作業は終わり

光芒を入れないならこれで完了

光芒を入れる場合はPhotoshopで作業

以上です!

光芒を簡単に入れたい時は

『Luminar 4』

というレタッチ&現像ソフトがあります

以前のバージョンは頼まれて使ったことがあるけど

『Luminar 4』

では簡単に光芒を入れられるようです

でもPhotoshopの方が自由度が高く

好みの雰囲気に仕上げられると思うので自分はPhotoshopを使用

Lightroomとスムーズに連携はできます