ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

EOS-1D X Mark III ピント精度

ファームウエアがでてやっと普通に使えるようになった

EOS-1D X Mark III

午前中近所の山でテスト撮影してきた

天候が薄曇りなので

日光による明暗差が出難く光のあたり方がある程度

均一になるのでテストにはよい天候でした

約40分の間に600カット近く撮影

EOS R を使うようになり

開放値 F1.2 のレンズのピント精度が抜群に良くなった

EOS R は映像エンジンが

DIGIC 8

EOS-1D X Mark III はキヤノン最新エンジンの

DICIC X

EOS R のようにピント精度が良くなるのか気になっていた

他には階調の柔らかさも一緒にテスト

階調の話しはまた後日

今回はピント精度

 

f:id:oneday71:20200412141307j:plain

絞り1.8で撮影

ピント精度はまったく問題なし

驚いたのは

EF200mm F2L IS USM

で撮影したような解像感

ポートレートをメインにしているとあるプロカメラマンが

EOS R でEFレンズを使うと

EFレンズが化ける

蘇る

と表現していた

以前記事にしたけど

まったく同じ感想で

古いEFレンズの性能がさらに引き出される印象を受ける

oneday71.hateblo.jp 

EF85mm F1.2L II USM

さらに魅力的なレンズになりました

歩いていたところを撮影していて

立ち止まったところのカット

歩いていたので AI サーボ AF で撮影

2020年4月12日撮影

Canon EOS-1D X Mark III

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/1.8

露出補正:+1

ホワイトバランス:4900K

ホワイトバランス補正:A1.G3

ISO:125(オート)

AFモード:AI サーボ AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20200412141317j:plain

しばらくジッとしていそうなので

AFモードを ワンショット AF に切り替えて撮影

絞り1.2でこれだけピント来てくれていればOK

解像感はかなり柔らかくなり

EF200mm F2L IS USM

とは全く別物の雰囲気

Canon EOS-1D X Mark III

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/1.2

露出補正:+1

ホワイトバランス:4900K

ホワイトバランス補正:A1.G3

ISO:100(オート)

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20200412141325j:plain

これもOK

Canon EOS-1D X Mark III

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/1.2

露出補正:+1

ホワイトバランス:4900K

ホワイトバランス補正:A1.G3

ISO:100(オート)

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20200412141332j:plain

動き出した瞬間なので少しピントあまい

Canon EOS-1D X Mark III

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/1.2

露出補正:+1

ホワイトバランス:5100K

ホワイトバランス補正:A2.G3

ISO:100(オート)

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20200412141340j:plain

1.8まで絞るとピント気にせず安心して撮影できそう

EOS R 同様ピント精度が良くなった印象を受けました

ピントがあまいカットが少なかった

ピントはシビアなのでカメラ&レンズのメンテナンスは怠らずに…

そろそろこのレンズメンテに出そうと思っていたけど

もう少し大丈夫かな

Canon EOS-1D X Mark III

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/1.8

露出補正:+1

ホワイトバランス:5100K

ホワイトバランス補正:A2.G3

ISO:160(オート)

AFモード:ワンショット AF

現像ソフト:Digital Photo Professional 4