ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

現像ソフト

f:id:oneday71:20190430151814j:plain

f:id:oneday71:20190430151919j:plain

写真上

2018年1月28日撮影

Canon EOS 5D MarkⅣ

EF135mm F2L USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

写真下

2018年1月28日撮影

Canon EOS 5D MarkⅣ

EF135mm F2L USM

絞り優先AE

絞り値:f/2

現像ソフト:Adobe Lightroom Classic CC

 

同じ写真を初期設定のまま

上はキヤノン純正ソフトDigital Photo Professional 4(DPP)で現像

下の写真はAdobe Lightroom Classic CC(LR)で現像

同じ写真でも現像ソフトによって色が違ってくる

DPPは純正ソフトなのでキヤノンの画像エンジンに最適化されている専用ソフト

LRは各カメラメーカーで扱えるようにできている汎用品

仕事では色んなメーカーの写真を扱うのでLRがメイン

でもごくまれに

現像から扱う仕事で現像ソフトをDPPなどメーカー純正ソフト指定で入稿するカメラマンがいる

メーカーの色を大切にしていると思われる

そんな原稿を色分解時に基本カーブに乗せるときれいな階調を描いてくれる

現像で色を作ればいい…

そんな考えで撮影していなく、きっと丁寧に撮影しているに違いない

そんな職人気質なカメラマン大好き

そんなカメラマンにカメラを学んでみんたい

でも年齢的にもう無理かぁ…