ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

裏切者-2-

富士フイルムX-T3を手放したことで裏切者と言われてしまった続き

今日で7月も終わり

でも今月のファイル利用量が55%と半分強しかつかってないので

今日は写真いっぱい載せちゃいます

前回はピント精度について書きました

oneday71.hateblo.jp

 

今回は一番残念だった色について

f:id:oneday71:20190731134005j:plain

 この場所は『妖精の森』と呼んでよく撮影に使っている場所

この場所は周囲の環境によってホワイトバランスをオートで撮影すると

マゼンタがすっこ抜ける

EOSでも例外でなく

X-T3でもマゼンタが同じようにすっこ抜けて気持ち悪い色に

驚いたのは葉の色が青々している

グリーンの中のシアンが強い印象

フィルムシミュレーションをVelviaにしていたことも影響していると思う

それを考慮しても色がちぐはぐな印象を受けた

ピントはイマイチで毛並みの質感が悪い

2018年9月24日撮影

FUJIFILM X-T3

XF16-55mmF2.8 R LM WR

絞り優先AE

絞り値:f/2.8

ホワイトバランス:オート

フィルムシミュレーション:Velvia

現像ソフト:RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

 

f:id:oneday71:20190731134042j:plain

X-T3の写真とは場所がほんのずれて違う場所だけど

EOSでもホワイトバランスをオートにするとマゼンタがすっこ抜ける

雰囲気優先なんだけど

雰囲気ぶち壊し

ピントはイマイチだけど毛並みの質感は良い

葉の色は全体の色の雰囲気に馴染んでいて自然

2018年7月8日撮影

Canon EOS 5D MarkⅣ

EF135mm F2L USM

絞り優先AE

絞り値:f/2.2

ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20190731134132j:plain

 マゼンタがすっこ抜けているので

マゼンタを入れる方向でホワイトバランスをマニュアルで設定

この画像を最初に見た時わんこが剥製のように見えた…

雰囲気はホワイトバランスオートに比べだいぶよくなった

葉の色も自然な感じになった

ピントはまずまずでやはり毛並みの質感が悪い

質感が悪いので剥製のように見えたのかも

背景の葉っぱの光があたっている所と当たっていないところの差が激しい

と言うか、明るい所から暗い所へのグラデーションが不自然

わんこの額の明るい部分の色の感じがイマイチ

やはり毛並みの質感によるものと思われる

背景のボケが汚い

2018年9月23日撮影

FUJIFILM X-T3

XF16-55mmF2.8 R LM WR

絞り優先AE

絞り値:f/2.8

ホワイトバランス:5200K

フィルムシミュレーション:Velvia

現像ソフト:RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

 

f:id:oneday71:20190731134052j:plain

EOSホワイトバランスマニュアルで設定

X-T3と比べると葉の色が黄色っぽい

個人の好みになるが、色の繋がりを考えるとEOSの色の方が自然

全体的に色がまとまっている感じ

ピントはまずまずで毛並みの質感は良い

剥製には見えず生命力が感じられる

ボケはきれい、ただしこちらは単焦点レンズ

全体的に柔らかい雰囲気

カメラが持っている階調(トーン)性能が滑らかだと思われる

 2018年5月4日撮影

Canon EOS 5D MarkⅣ

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/2.2

ホワイトバランス:5700K

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20190731134109j:plain

こんな逆光で露出が厳しい場面でも自然な階調で描写

強い日光の反射があるので

被写体が暗くならないように露出補正は+1 2/3

それでもライト側の色飛びが少なく自然なトーンで描写してくれた

2018年5月4日撮影

Canon EOS 5D MarkⅣ

EF85mm F1.2L II USM

絞り優先AE

絞り値:f/2.2

ホワイトバランス:5700K

現像ソフト:Digital Photo Professional 4

 

f:id:oneday71:20190731134125j:plain

ホワイトバランスがオートの時

わんこの体の白い部分のグレーバランスがマゼンタ寄り

少し暗い雰囲気の場所はグレーバランスがマゼンタかぶりになりやすい

2018年9月23日撮影

FUJIFILM X-T3

XF16-55mmF2.8 R LM WR

絞り優先AE

絞り値:f/2.8

ホワイトバランス:オート

フィルムシミュレーション:Velvia

現像ソフト:RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

 

f:id:oneday71:20190731134024j:plain

こちらは撮って出しのjpegをリサイズ

全体的にマゼンタかぶり

日陰でホワイトバランスオートで撮影すると

マゼンタかぶりになりやすい

他の写真でもグレーバランスがマゼンタ寄りになりやすい印象を持った

2018年11月3日撮影

FUJIFILM X-T3

XF16-55mmF2.8 R LM WR

絞り優先AE

絞り値:f/2.8

ホワイトバランス:オート

フィルムシミュレーション:PROVIA

編集ソフト:RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

 

f:id:oneday71:20190731134014j:plain

色々と設定を変えて撮影して

無難な色に落ち着くのは

フィルムシミュレーションをクラシッククローム

これが一番無難に思えた

ただし、富士フイルムの色が好きな人にはあまり向かなそう

ホワイトバランスはマゼンタかぶりを防ぐためマニュアルで

このくらいの距離だとピントはまずまずで毛並みの質感も良い

jpeg撮って出しをリサイズ

2018年11月3日撮影

FUJIFILM X-T3

XF16-55mmF2.8 R LM WR

絞り優先AE

絞り値:f/2.8

ホワイトバランス:6500K

フィルムシミュレーション:CLASSIC CHROME

編集ソフト:RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

 

f:id:oneday71:20190731134034j:plain

フィルムシミュレーションASTIA

柔らかそうな階調にはなるけど

陽のあたり具合で色が濃くなることがある

このくらいの距離だとピントはまずまずで毛並みの質感も良い

jpeg撮って出しをリサイズ

2018年12月31日撮影

FUJIFILM X-T3

XF16-55mmF2.8 R LM WR

絞り優先AE

絞り値:f/2.8

ホワイトバランス:6500K

フィルムシミュレーション:ASTIA

編集ソフト:RAW FILE CONVERTER EX 3.0 powered by SILKYPIX

 

f:id:oneday71:20190731134158j:plain

f:id:oneday71:20190731134150j:plain

f:id:oneday71:20190731152827j:plain

ついでに動体

EOSだと他にピント精度が良いのがあればボツにするレベル

X-T3の場合はレベルを低くしないとほとんどボツになってしまう

2018年11月18日撮影

FUJIFILM X-T3

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

絞り優先AE

絞り値:f/4-8(最後の写真)

ホワイトバランス:オート

フィルムシミュレーション:PROVIA

 

 

以上のことから富士フイルムの色は

現在自分がメインで撮っている被写体には合わないと判断

色の好みは個々で違うけど

富士フイルムの色は色が濃くて少々ドギツイ

個々の色が際立ち過ぎて色切れが良過ぎる

色は必ず繋がりがある

繋がりが良過ぎて色切れが悪いと逆に色が汚くなってくる

とくに思ったのは

葉などの緑色は一般的に受けやすい色

悪く言うと素人受けしやすい色

逆にこの色の個性を使って撮影するととっても面白いと思う

とくに思ったのはやはり葉などの緑色

今度ファミレスへ行く機会があれば

メニューに掲載されているサラダなどの野菜の写真を見て欲しい

今まで書いてきた事を頭に入れて写真を見ると

緑の色がとんでもない色をしていると思う

これも記憶色と言える

美味しそうなきれいな色

実際には現実離れした色にレタッチ調整されている

実際に仕事で

ファミレスやファーストフードの商品写真のレタッチをしていたのでよくわかる

もっとマニアックな見方をしてみたい方は

倍率が15倍以上のルーペでサラダなどのメニューの写真を見てみると良い

レタスなどの葉の明るい部分

マゼンタの網点がほとんどないと思う

シアンが強いグリーンになっている

X-T3などで

レストランなどの料理の写真を撮ると良いかもしれない

購入する前に

富士フイルムのカメラで撮影された写真をよく見ていたが

実際に自分で撮った写真と他人が撮った写真では見る目が(見方)

かなり違うことに気がついた

色を気にしてカメラを購入する場合

あまりレタッチされていなく

できればメーカー純正ソフトで現像された写真を参考に

Lightroomなどで現像された写真は参考にならない

現像で色を変えるから

そう思っている方は

どんなカメラを使っても同じだし問題ない

色やピント精度などカメラ個体の問題があるのかと思い

念のため点検に出した

全て基準値以内とのこと

そんなことで手放すことにした