ある日の写真

猫と犬と散歩の写真。

DPPで特定色調整

f:id:oneday71:20211203133534j:plain

f:id:oneday71:20211203133657j:plain

たまたま開いたDPP

2年前の今頃の写真が表示

2年前だけど若く見えるな

そんな感じで眺めていて上の写真が目に留まった

逆光なので顔が影になり青っぽく

気になったのでDPPで色調整

特定色域調整パレット

アクアの彩度(S)のスライダーを-9へ

上段が色調整した写真

下段が元の写真

比較すると顔の青っぽさがなくなりました

この時注意する事は

顔の影の色と同系色に影響が出る

比較すると背景の空や海の色が少しくすんだ色に

この場合主役はわんこなので気にしない

気になる場合はわんこのみ

PhotoshopLightroomやLuminarなどでマスクを作って部分的に色調整

今回わかりやすいように

アクアの彩度(S)のスライダーを-9

これを-6くらいでも良いと思う

調整幅を抑えれば背景の同系色も少ない影響で済みます

調整具合を見ながら判断すると良いと思います

レタッチに頼らず撮影の段階で

そんな方は

色温度を5600K以上

ホワイトバランス補正でA4などに補正

このくらいにすると影の青っぽさは抑えられてきます

天気の状態や太陽光の強さなど

色々と判断して設定を変えて撮影

そんな撮影をしていくと

自然に状況判断で設定できるようになってきます

ただカメラの設定のみだと

全体的な色に影響してくるのである程度

こんなイメージの色

それを頭にイメージしながら撮影するのが一番良いかな

2019年12月4日撮影

Canon EOS-1D X Mark II

EF70-200mm F2.8L IS II USM

絞り優先AE

絞り値:f/2.8

露出補正:+1/3

焦点距離:142mm

ホワイトバランス:5200K

ホワイトバランス補正:A2,M2

ISO:100

AFモード:AI サーボ AF

測距エリア選択モード:任意選択

現像ソフト:Digital Photo Professional 4